わきがの原因であるアポクリン線ですが、アポクリン線はどういった役割があるのでしょうか?アポクリン線の役割などをまとめてみました。

アポクリン線の役割について

sentaku

アポクリン線について調べているとこのような面白い気になることがありました。まず、人間がサルだったころは、全身が毛でおおわれていましたね。サルだったころは、子孫を残せる期間があったみたいです。

短い期間で、その短い期間で子孫を残さないといけません。そのために、メスがオスを引き寄せるために何を行ったでしょうか?それは、匂いなのです。匂いで信号を送りメスがオスを引き寄せていたみたいなのです。その匂いはアポクリン線からのものだったみたいです。

簡単にまとめるアポクリン線から出る匂いはフェロモンの役割をしていたってことですね。色々人間に近づいてきて、アポクリン線が最終的にわきや乳首周辺、外耳道などに残るようになったみたいです。

大昔のアポクリン線から出るわきがの匂いは、子孫を残すためには大事な役割だったのです。ですが、今となってはこのアポクリン線から出る汗の匂いは悪臭扱いされてしまっているのです。

アポクリン線から出るわきがの汗の匂いが好きな方もいる

通称わきがフェチと呼ばれるアポクリン線から出る汗の匂いが大好きな方がたまにいます。それは、もしかしたら、大昔の血を受け継いでいるかもしれません。日本人はわきがの匂いを感じると臭いといったとらえ方をしますが、欧米などでは違うみたいです。

欧米人の方は役70%~90%わきが体質と言われております。欧米はわきがの匂いは一種のフェロモンとして取り扱われているのです。日本が特別わきがの匂いに敏感なのです。

わきがの匂いを気にしすぎるのもよくない

日本人はわきがの匂いに敏感なのです。欧米などにいけば、そこまで気にされません。わきがの匂いが日本に住んでいる以上気にしないといけませんし、気になりますよね?

わきがの匂いを気にしすぎていると、それがストレスになってわきがの匂いを悪化させてしまいます。今はデオドラントクリームがしっかりしているので、対策は簡単です。

アポクリン線の役割をまとめると、大昔はわきがの匂いはフェロモンとして扱われていた、欧米ではわきがの匂いはそこまで気にしていない、日本人が気にしすぎているだけですね。

日本に住んでいる以上はわきが対策はしっかりしておかないといけませんので、デオドラント対策を万全にしていきましょう!