わきが対策の方法の一つとして手術といった治療方法があります。わきがの治療方法である、手術ですが、色々な手術方法がありますので、まとめてみました。切除法や剪除法などありました。

わきがの手術方法まとめ

icon-point2-1-o 切除法

脇に生えている毛の部分の皮膚を切り取る方法のわきが手術。皮下脂肪と大きく切り取る方法が切除法と呼ばれています。この方法なのですが、現代では少し古い治療法と言われており、後遺症も残ってしまうリスクもあるみたいなので、現在はあんまりやられていない様子です。

icon-point2-2-o 掻爬法 (そうは)

脇の下の皮膚を3㎝ほど切開するワキガ治療法です。切開した部分に掻爬法で使われる、特殊な器具を入れて汗腺を取る方法が掻爬法です。組織を傷つけてしまうリスクもあると言われており、これも切除法と同じく現在ではあまり行われていない治療方法みたいです。

icon-point2-3-o 剪除法 (せんじょ)

脇の下に3㎝~4㎝ほと切開をし、皮膚を裏返してアポクリン汗腺を取る方法が剪除法です。切りすぎ、取りすぎによって、皮膚を傷つけてしまうことがある場合もあるみたいです。そして、時間もかかりますし、ある程度覚悟が必要なわきが手術です。手術痕も残る治療方法ですので、あまり好まない方法ですね。

icon-point2-4-o 吸引法

脇の下に小さい穴をあけて、そこに細い管を入れて汗腺を吸い出す方法が吸引法。手術痕も残りませんし、今主流のわきが治療方法みたいです。100%取り除くのは、難しいみたいです。調べによると医師の技術次第で治療効果が変わるみたいです。

icon-point2-5-o 超音波法

超音波を使って汗腺類を派かいして、吸引する方法が超音波法です。超音波の機会の取り扱いがどうも難しいみたいで、あまり行われているクリニックは少ない様子。汗腺類の取り残しも多いこともよくあるみたいです。

わきがの手術はやっぱり怖い?

いくら医療の技術が進歩しているからといってもやっぱり手術って怖いですよね…?傷痕も残ってしまいますし、手術に失敗したりすると、わきがに何も効果がなかったりとするかもしれません。あくまでも私の考えですが、ワキガの手術は最終手段だと思います。

デオドラントクリームなどを使ってもわきがの匂い対策ができなかった時、もうどのわきが対策をしても効果がなかった時の最終手段として手術を考えてみてはどうでしょうか?